ビジネスカジュアルのネクタイなら、ニットタイが一押し!

151515151

 

ビジネスカジュアルのネクタイなら、ニットタイが一押し!

 

ネクタイの起源は17世紀ルイ13世紀の頃フランスに来たクロアチア兵が巻いていた
スカーフが起源なのだそうです。

 

首に巻かれたその布がりりしく、何てカッコいいんだ! ブラボー!!
・・っと絶賛したかどうかはわかりませんが、ピシッと礼儀正しく見えたのは間違いありません。

 

20世紀になってホワイトカラーなんて言葉が出てきて、白い襟にネクタイを締める人達がとても能力が高い仕事をしている事の象徴みたいに言われていた頃、ネクタイを締める男性は一目置かれる存在でした。それが、現代のなってスーツにネクタイ、ジャケットにネクタイのビジネスマンのスタイルとして定着したんです。ネクタイって歴史があるんですね。

 

最近になって、クールビズやウオームビズで以前に比べるとネクタイの出番が少なくなってきていますが、ビジカジがすっかり定着したこの頃、ネクタイは意外なアイテムのコーディネイトにも一役買っています。

 

例えば・・シャツ+ネクタイ+カーディガン+デニム
      シャツ+ニットタイ+ショートパンツ

 

 

普通なら、T シャツが出番でしょう!けれど、これぞまさにビジカジネクタイの成せる業とでも言いましょうか。
さすがにショートパンツで仕事にはいけませんが・・もともと、キレイ系カジュアルが本来のビジカジの原点ですから、カジュアルアイテムとの相性も良いのは当然なんです。私的には、ニットタイがお気に入りなんです。

 

151515151

ニットタイはビジカジコーデには欠かせない小物の1つだと思うほど。無地やドット柄、縞、色々集めています。仕事に行くときはノーネクタイで行っても、クルクル丸めて持っていきます。突然のお客さんにも対応できるように。デニムシャツにニットタイをキュツと締める。緩い恰好をしているのに、それだけで、ONスイッチがはいるのですから。

 

締めるだけでカジュアルなのにきちんと感があるように見せてしまう。さすがビジカジネクタイ!!

 

151515151