ビジネスカジュアルのノーネクタイで注意すべき3つのこと!

151515151

 

151515151

 

 

ビジネスカジュアルのノーネクタイで注意すべき3つのこと!

 

クールビズを奨励する企業が増え、ノーネクタイのビジネスマンが増えています。ビジネスカジュアルでもノーネクタイでのコーディネートは色々ありますが、ノーネクタイだとカジュアル感が出すぎてしまうからそこは注意をしながらコーディネートしないと。

 

暑〜い日のノージャケットの場合
襟元をスッキリ!ボタンダウンシャツが一番合わせやすくコーディネートに使われるのがボタンダウンシャツ。ノーネクタイになると襟元が開いてしまってだらしなくなってしまいがち。ボタンダウンって20世紀の始め紳士服の老舗「ブルックス・ブラザース」の創設者がポロ競技を観戦してた時風でハタハタする襟をみて、これはだめだ!っと襟の先に小さなボタンを付けて販売したのが始まりなのだそうで、ブルックスも広がった襟を見て襟元がだらしないのはけしからん!エチケットがなってない!っと思ったのでしょうか・・

 

シャープなドレスシャツ
ノーネクタイでジャケットを着ないとなると、シャツの見える割合が多くなりますよね。暑いからと言ってダボダボの綿のシャツではただの休日スタイル。やっぱりビジネスカジュアルなのですから、すっきりキレイなスタイルが絶対。スッキリシルエットに見せるため、ボディラインも少し絞った感じのものがおすすめ。でも、パツンパツンはちょっとねぇ・・・ビジネスカジュアルはノーネクタイの時こそ、シャツ選びが重要なんです。襟元にポイントのあるデザインのシャツを選ぶのがいいかもしれませんね。

 

少し大きめの襟の裏側にスナップが付いたスナップダウンや、襟元とカウスに白い生地の付いたクレリックシャツなどがおすすめ。クレリックシャツって紳士ぽくって個人的には好きなデザインですね。ジャケットを合わせる場合はもっと襟元に注意。襟がパリっと立ち上がるカッターウェイシャツや襟を高く見せるように作られたドレスシャツのトレポット―二―シャツなどノーネクタイでも十分ドレスアップしてる感ありますもの。

 

最後に、ビジネスカジュアルノーネクタイの時気を付けないといけないのが、アンダーシャツ。ネクタイがある時は見えなかったアンダーシャツの襟がノーネクタイだとどうしてもチョロリと見えてしまいがち。あれはちょっとイケてません。ビジネスカジュアルノーネクタイの時は必ずVネックのアンダーシャツを着て欲しいですね。襟元はいつも美しく。ビジネスカジュアルノーネクタイの基本です!

 

151515151

 

151515151