ビジネスカジュアル!その靴とバッグ、残念ながらダサい理由!

151515151

 

151515151

 

 

ビジネスカジュアル!その靴とバッグ、残念ながらダサいっていう実態に迫る!

 

最近はホント、素敵な男性が多いですね。
特に私の利用している東急電鉄沿線では、ついつい目で追い続けてしまう男性も多いのです。
ビジカジの素敵な男性は細部までこだわりを持っている方が多いはず。
色使いなどもちょっと個性を出しながら、しっかり全体を整えている
そんな印象ですが、たまに・・ほんとうにたまに、残念な人を見かけます。
そう、小物のバランスがおかしい。

 

例えば靴。
素敵だなと思うとつい、顔ではなく靴に目がいってしまうのですが、
意外と油断している人がいますよね。
「その靴じゃないだろ〜」と思わずココロの中でうなってしまいます。
もうかなりくたびれた靴を履いている方、結構いますね。
甲の部分に線が入ってしまっている、「もう十分仕事しました」的な靴。これは残念です。

 

次にバッグ。
バッグも豊富ですが、豊富なのに「何故それ?」というバッグを持っている方も。
キャンバス地、確かに可愛い。時におしゃれ・・しかし、
「そのスタイルでその大きさのキャンバスは違うんじゃ・・、合宿ですか?」的な。
やはり全体のバランスを考えると、「それではないだろう・・・」という
残念な人を見かけました。

 

バッグと靴って全体を引き立ててくれる、大きな役割をもっていると思います。
逆に、バッグがとっても高価すぎるのも、なんだかいやらしい感じ。
ビジカジでゴヤールのバッグを提げた色黒の男性を見かけたことがありますが、
うーん、ありかもしれませんが、私が見かけたアウトな人。
あきらかに彼のは偽物とわかってしまったこと(素材感が違う)
かなり「無理しています」感があったことです。

 

ビジカジってかなり探求できると思うし、個性を出せるスタイルだと思います。
リーズナブルなチノパンにちょっと洒落たジャケットで、おまけに小物も
ばっちり決めれば十分。決して高価なものでまとめる必要はないですよね。

 

私が見かけた最も素敵だと記憶に残っている方は、
全体が白髪ですが、めがねのフレームに赤が入っていて、
ブーツの紐も赤。さし色をうまい具合に入れた、年を感じさせてしまう
白髪も全体の雰囲気によってそれがひとつの色になっている、
そんな素敵な男性を見て、思わずうっとりしてしまいました。色使いも大事なのかも。

 

 

151515151

 

151515151