ビジネスカジュアルのメンズ!夏センスを隠す魔法の夏服の秘密。

 

151515151

 

 

ビジネスカジュアルのメンズ!夏センスを隠す魔法の夏服の秘密。

 

うちの会社は長い間、「夏でもワイシャツにジャケット!」という風潮。ここ数年は節電などと騒がれても一切その方針を曲げなかったのですが、前年比を大幅に割る結果になった今季、いろんな部署で経費削減を行ったところ、「暖房や冷房の使用禁止」がなぜかまかり通ってしまいました。そうなると冬場は良いのですが、夏場は暑くて仕方ない。なので仕方なくクールビズを導入、みたいな流れになりました。都心なので4月・5月といえども夏日のような暑さになることも珍しくなく、ノーネクタイは当たり前。ポロシャツなんかで出勤する社員がいる中、やっぱりいるんです。なんだが「だざい」人。

 

そういう人は同僚でも特に年齢が上の人に見られます。ポロシャツをツータックのチノパン?みたいなズボンにインして、丈はつんつるてん。その下はビジネスシューズとビジネスソックスという良く分からない組み合わせ。しかもポロシャツ・チノパンともにヨレヨレで着古した風で、ボタンも取れかけていて膝には穴が。恐らく何年も前から着ているであろう雰囲気がぷんぷんします。普段スーツばかり着て、休みの日は一日中パジャマで過ごし、出かけるときの格好なんて気にしない。どう見られようが着にするのは金と車などのステータスばかり。そんな雰囲気が漂っていて、会社で偉そうにしている上司でも貧相に見えてしまうことが多々あります。

 

次に多いのが、大学生デビューしたような学生気分の抜けない新入社員。もはやカジュアルとクールビズをはき間違えており、Tシャツにジーンズなどで来る社員も。すぐに帰らせて着替えてくるように指示しますが、全然納得いってないような素振りを見せています。そして着替えてくるといつものスーツスタイル。極端すぎるのでクールビズがどういうものかを教えると、「自分そういうの無いんで。」と…。この例に挙げた2人に共通するのが、場所と場面に合った服装ができていないことだと思います。スーツってそういうことを隠せる、魔法の服なんだなって実感しました。

 

151515151

 

151515151