夏ビジカジ、ただのルーズな男がモテない理由が明らかに!

 

151515151

 

 

夏ビジカジ、ただのルーズな男はイヤな理由をブッタギル!

 

今までスーツにネクタイ、しかもスーツは暗色系でシャツも薄い色だけ、が暗黙の了解だったうちの会社にも、何年前からかビジネスカジュアルがなんとなく取り入れられてきたのですが、いままで以上にファッションセンスが問われることに気づいていない男性社員が多すぎてイヤです。ぶっちゃけ、今までだとダークカラーのスーツに薄い水色のシャツ、同系色のネクタイ一辺倒でも、別にみんなが同じ格好をしていたので目立たないし、ファッションセンスがない人でも見られる格好だったのですが、夏のクールビズに始まり、冬のビジカジへと段々オフィスもカジュアルになり職場での夏ビジカジのファッションセンスがそれぞれ問われるようになってきました。

 

夏ビジカジ、お洒落な男性社員は、悪目立ちしないながらも新しいビジカジ向きのシャツや綿のパンツ、革のスニーカーなどをいち早く取り揃えて、ビジカジに切り替わっていった職場ファッションを好感度アップのチャンスにうまく利用していたので周りから見ていても楽しかったのですが、ビジカジ=仕事場でもルーズでよい、と勘違いした一部の男性社員はダサさが際立っていてイヤです。これだったら前の全身ダークスーツのほうがまだマシだったと思います。

 

例えば、夏ビジカジファッションの為に新たにアイテムを取り入れるのをサボったのか、ケチったのか、ジャケットを脱いでネクタイをだらしなく外しただけの男性。もちろんそれでもスタンドカラーで襟元に清潔感があったり、ノーネクタイ仕様の物ならいいけれど、ただボタンを開けて襟がつぶれて首元がだらしなく開いているだけだったり、スーツのパンツがしわくちゃだったりするからたちが悪いです。

 

もっとドン引きなのは、ただの休日夏服メンズファッションで出社してよいと勘違いしている男性。ヨレヨレのポロシャツにサイズの合っていないチノパン、若いのにスニーカーというよりウォーキングシューズ。休みの日にスーパーに行くような緊張感のない格好で出社するのはやめてほしいです。カジュアルはルーズとは違うので、まずはそこを理解したうえで職場にふさわしい清潔感のあるものを専用にそろえるくらいのセンスがある男性が、夏ビジネスカジュアルの服装で好感度が高いですね。

 

151515151

 

151515151