ドレスコードビジネスカジュアルを徹底解説!基本ジャケ・パン。

151515151

 

151515151

 

ドレスコードビジネスカジュアルを徹底解説!

 

ビイネスカジュアルがすっかり馴染んできましたが、「ビジネスカジュアルで来てください!」
実際その様に指定されたら戸惑う方もいると思います。そんな時に備えて、ビジネスカジュアルのドレスコードについて触れてみましょう。

 

まずはビジカジの基本ジャケ・パン。

ジャケットとパンツスタイル。カジュアルに見えるけど、ちゃんとした場所へでも着て行ける事がビジカジファッション
ですから、セーターやカーデガンでも間違いではありませんが、ジャケットを羽織る事で、より正装に近いカジュアルになるのです。・・難しいですよね。

 

失敗しないジャケパンスタイルは、
ズバリ!紺ブレ+パンツ。パンツはキレイ系チノパンや、ウール系のスラックス。勿論ノータック。
スーツまでは着なくても良いけど、少しかしこまった席の時もOK。紺ブレはビジカジの強い味方なのです!

 

着くずれ感なしのシャツ選び

ビジカジのシャツ選びは難しい。カッチリしすぎると昔のお父さんシャツのようになるけれど、柔らかすぎるとだらしなく見える。うーん・・と頭を抱えてしまいますよね。そんな時おススメなのが、しなやか素材のドレスシャツ。しかも綿素材ならなおさらお洒落。綿の細い糸で織られているからシャリッとしてるのに柔らかい。襟と袖はちゃんと芯が入っているから型崩れしないのです。

 

そして、ネクタイ。

カジュアルをよりきちんと見せてくれる立役者なんですから。ビジカジはノーネクタイでもOKなのですが、やっぱりビジネスで大切なお客様とお会いするときはネクタイを締めた方が断然良いはず。ビジカジに欠かせないニットタイはカラーや柄のバリエーションを揃えておくと色んなコーディネートの時活躍してくれますよ。バックや靴の素材を一捻り小物使いもビジカジでは重要ですからね。今までの黒いカチッとしたビジネスバックや靴ではいただけません。小ぶりでちょっと遊び心のあるのブリーフケースやトートバック、この頃ではリュックもよく持たれていますね。リュックを背負ってロードバイクに跨るビジネスマン見たことありますよね?あれってニューヨーカーみたいでカッコ良くないですか!

 

最後に、デニム。

勿論ビジカジコーデとしてはOKなのですが、やっぱり、フォーマルなシーンではデニムはNGです。それに、失礼だ!っと思う方も多いですので、会社やプライベートなイベント以外は避けた方が良いですね。こんな感じがビジネスカジュアルにおけるドレスコートです。

 

151515151

 

151515151